★星空の映画館★

~ 映画・観光を中心にその他いいと思ったものを載せています ~

トム・ハンクス、ポール・ニューマン、ジュード・ロウ競演!マフィア映画「ロード・トゥ・パーディション」(2002年)

ロード・トゥ・パーディション(2002年)

ロード・トゥ・パーディション (字幕版)

アメリカのミステリー作家であるマックス・アラン・コリンズ作のグラフィックノベルならびにそれを原作とした2002年のアメリカ合衆国の映画です。 

 

大恐慌時代のシカゴを舞台に、マフィアの世界の掟と、父と息子の絆を描いた人間ドラマです。

 

 

基本情報

・制作年:2002年
・製作国:アメリカ
・原題:Road to Perdition
・配給:20世紀フォックス
・上映時間:1時間59分(119分)
・映論区分:なし
・時代設定:1931年のイリノイ州ロックアイランド

 

みどころ

【みどころ①】マイケル・サリヴァン(トム・ハンクス)の復讐
【みどころ②】ジュード・ロウの殺し屋としての演技

 

スタッフ

・監督:サム・メンデス

 

キャスト

・トム・ハンクス

<主な出演作品>
「インフェルノ」(2016年)
「ハドソン川の奇跡」(2016年)
「天使と悪魔」(2009年)
「ダ・ヴィンチ・コード」(2006年)
「ターミナル」(2004年)
「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(2002年)
「キャスト・アウェイ」(2000年)
「グリーンマイル」(1999年)
「プライベート・ライアン」(1998年)
「アポロ13」(1995年)
「フォレスト・ガンプ/一期一会」(1994年)
「めぐり逢えたら」(1993年)
「フィラデルフィア」(1993年)
「メイフィールドの怪人たち」(1989年)


・タイラー・ホークリン
・ポール・ニューマン

<主な出演作品>
「ハスラー2 」(1986年)
「タワーリング・インフェルノ 」(1974年)
「ハスラー」(1961年)


・ジュード・ロウ

<主な出演作品>

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(2018年)
「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」(2011年)
「シャーロック・ホームズ」(2009年)
「コールド マウンテン 」(2003年)
「A.I.」(2001年)
「スターリングラード」(2000年)
「リプリー」(1999年)


・ダニエル・クレイグ

<主な出演作品>

「007 スペクター」(2015年)
「007 スカイフォール」(2012年)
「ドラゴン・タトゥーの女」(2011年)
「007 慰めの報酬」(2008年)
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(2007年)
「007 カジノ・ロワイヤル」(2006年)
「トゥームレイダー」(2001年)

 

受賞歴

第75回アカデミー賞(2003年)
・撮影賞

 

あらすじ ※ネタバレあり

イリノイ州で、妻と2人の息子と暮らすマイケル・サリヴァン(トム・ハンクス)は、良き夫・良き父でありながらマフィアの殺し屋という裏の顔も持っていた。

 

マフィアのボスであるジョン・ルーニー(ポール・ニューマン)は、サリヴァン一家を自分の家族のように溺愛していた。

 

その一方で実の息子であるコナーに対しては冷ややかで、コナー(ダニエル・クレイグ)はそれを苦々しく思っていた。

 

ある日、組織の幹部会で父から激しく自分のミスを攻められたコナーは、父への恐れと、そんな父に自分以上に溺愛されているサリヴァン一家への嫉妬と憎悪の念を抱くようになり、サリヴァンの妻と次男を殺害する。

 

それを知ったサリヴァンは生き残った長男と共にコナーへの復讐を決意する。

 

実の息子とサリヴァン父子との間に板挟みになったジョンは実の息子を選び、サリヴァンのもとに一流の殺し屋であるマグワイア(ジュード・ロウ)を派遣する。

 

マグワイアの度重なる襲撃から逃れたサリヴァン父子は、かつて自分たちを愛してくれたジョンと、妻子の敵であるコナーを射殺する。

 

心身ともに憔悴(しょうすい)しきったサリヴァンは息子と共に海辺の小さな家で一時の休息を過ごす。しかし突然サリヴァンの体を一発の銃弾が打ち抜いた。後ろを振り返るとマグワイアがいた。

 

瀕死の状態でマグワイアを射殺したサリヴァンは、泣きつづける息子の腕の中で息を引き取るのであった。

 

感想

私はこの映画が非常に好きです。好き過ぎて当時はDVDも買いました。

 

先に、トム・ハンクスの他の作品をいくつか見てから、この映画を見るとマフィアの殺し屋を演じているトム・ハンクスが別人に思えます(それがプロの役者なんですけど。。。)。

優しそうなトム・ハンクスが演じるヒットマンも迫力があって好きです。

 

また、ジュード・ロウが演じる殺し屋マグワイヤのサイコっぷりが良かったです。

 

あと、007でジェームズ・ボンド役を演じているダニエル・クレイグがマフィアのボスの息子を演じているのですが、言葉悪いですが、そのくそっぷりがジェームズ・ボンド演じた同じ人とは思えません。

 

それぞれの役者にプロの演技を感じた作品でした。

 

この映画がよかった人へのおススメ映画

 トム・ハンクスの作品なら

・プライベート・ライアン(1998年)

 

評価

3.7点/5点満点