★星空の映画館★

~ 映画・観光を中心にその他いいと思ったものを載せています ~

ディカプリオが悲願のアカデミー賞を受賞!大迫力サバイバル・アドベンチャー映画「レヴェナント:蘇えりし者」(2015年)

レヴェナント:蘇えりし者(2015年) 

レヴェナント:蘇えりし者  (字幕版)

2015年のアメリカ合衆国のウエスタン伝記映画作品です。

 

原作は、作家マイケル・パンクの小説「蘇った亡霊:ある復讐の物語」で、アメリカの西部開拓時代を生きた実在の罠猟師ヒュー・グラスの半生と、彼が体験した過酷なサバイバルの旅を描いた作品です。

 

 

基本情報

・制作年:2017年
・製作国:アメリカ
・原題:The Revenant
・配給:20世紀フォックス映画
・上映時間:2時間36分(156分)
・映論区分:R15+(15歳以上(15歳未満は閲覧禁止))
・時代設定:西部開拓時代(1823年)のアメリカ北西部の極寒地帯

 

みどころ

【みどころ①】アカデミー賞(主演男優賞)を受賞したディカプリオの演技
【みどころ②】自然光のみの撮影による究極の映像美

 

スタッフ

・監督・脚本・製作:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
・撮影監督:エマニュエル・ルベツキ
・音楽:坂本龍一/アルヴァ・ノト

 

キャスト

・レオナルド・ディカプリオ

・トム・ハーディ

 

制作

自然光での撮影、それも特にマジックアワーと呼ばれる1日1時間半程度の黄昏時の撮影にこだわり、撮影セットは東向きの「朝用」と西向きの「夕方用」の2種類を用意して行われたそうです。


また、時系列に沿って「順撮り」で撮影していたため、当初撮影したカナダでは、予想以上の暖冬であったこともあり、撮影中に雪が早々に溶けてしまったため、季節が反対の南米の高地に移動して撮影が続行され、結果、ロケ期間は9ヶ月に及んだそうです。

 

あらすじ ※ネタバレ注意

舞台は、1823年、アメリカ北西部の極寒地帯。とある毛皮ハンターの一団は先住民の襲撃を受け、多大な犠牲を払いながら命からがら川を下っていた。

 

ハンターのひとり、ヒュー・グラス(ディカプリオ)は先住民の妻との間にもうけた息子、ホークとともにガイドとして同行していた。

 

船を捨て山越えルートを進んでいた最中、グラスは見回り中に子連れの熊に襲われ重傷を負う。

 

隊長のアンドリュー・ヘンリーは瀕死のグラス(ディカプリオ)を残して出発することを決断し、彼の最期を看取り埋葬する者として、息子のホークとジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)、若いジム・ブリッジャーが残ることになった。

 

ジョン(トム・ハーディ)は2人がいない間にグラス(ディカプリオ)を殺そうとするところを息子のホークに見つかり銃を向けられるが、返り討ちに息子のホークを殺してしまう。

 

一部始終を見ていたが動けないグラス(ディカプリオ)は奇跡的に一命をとりとめ、折れた足を引きずり這いながらジョンを追い始る。。。 

 

感想 

上映当時は、タイトルと雰囲気で敬遠してましたが、周囲の映画好きの知り合いから強く勧められ渋々見ました。実際に見て今まで見なかったことを後悔しました。


なんといってもディカプリオの演技が凄まじいです。

ディカプリオは、映画の中でクマと殺りあったり、魚や牛の内臓を生で食べたり、寒さを凌ぐため馬から臓物を抜き取って中で寝てみたり等、ディカプリオはこの作品でアカデミー賞主演男優賞をとっています。

 

この映画がよかった人へのおススメ映画

レオナルド・ディカプリオの作品なら
・シャッター アイランド(2010年)

 

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の作品なら

・バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年)

 

評価

3.9点/5点満点

 

【Amazon.co.jp限定】レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD (A3サイズポスター付き)(初回生産限定) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD (A3サイズポスター付き)(初回生産限定) [Blu-ray]